このページの先頭へ

志望校選び

志望校選び

春に行きたいと思える学校(目標)を決めることの重要性について

合格さくら

行きたい学校がありますか、それともありませんか

「私には春になったら行きたい学校がある」というように、行きたい学校があればそれが道標になります。
春に行きたい学校、つまり志望校を決めるポイントは1つだけではありません。
いくつもありますが、その中でもっとも重要なのは、「今の成績だけで志望校を決めてしまわない」ということです。
「どのくらいの期間勉強するからどれくらい成績が上がる」ということを見込んで目標を設定することが重要です。
そうしますと、未来につかんでいるであろう合格から逆算して日々の勉強をすることができるようになります。

受験を見据え、受験日からの逆算勉強

逆算

合格からの逆算がやらなければいけない勉強をハッキリ教えてくれるのです。

学校の今の成績に一喜一憂して志望校を確定させようとなさる方もいらっしゃいます。
しかし、そのような選択が適切であるとは申し上げにくいのです。
行きたい学校のレベルが自分の学力よりも高い場合、合格するために当然努力を続けなければなりません。
行きたい学校を決めたことで自分のチカラ不足を痛感し「本当に受かるんだろうか」と不安になるかもしれません。
「行きたい学校なんて決めなければ、もっと気楽に勉強できたんじゃないか」と嘆きたくなるかもしれません。

1ランク上を目指す

そうであっても、個別指導HANAでは、1ランク上の学校を目指すことを受験生に奨めています。
個別指導HANAでは、基礎から勉強をやり直し、紆余曲折を経て勉強していくことで、最終的に受験に合格します。

なぜ、わざわざゴールを設定するか

もしも目的地を知らない船があったら、それはどこへ行くでしょうか

目的地を知らない船

目標がないまま勉強することは、海で目的地なくさまよう船に乗るようなものです。

そもそもなぜ船に乗るのか、どこに行くのか、いつまで移動するのか、それらが明確にわからなければいけません。

安定しないふらふら勉強の結果、成績もふらふら

ハッキリした目標がない受験生の場合、勉強していても成績が安定しないことが非常に多いのです。
得意な単元はたくさん勉強する、しかし不得意な単元はあまり勉強しない、ということが起こるかもしれません。
調子が良いときは努力する、しかしどうも調子がのらないときはやらずに済ます、ということも起きるかもしれません。

成績がふらふらで、やる気も安定せずふらふら

受験生自身がどこに向かって進んでいるのかわからず漠然とこなす勉強というのは、道標がない状態です。
その結果、受験勉強に対して積極的になれない、どうも本気でやれない、という気持ちが湧いてきます。
あれこれ迷ったり悩んだりして、本来使わなくていいはずの余計なエネルギーを使うことになります。
目標(受験ゴール)がハッキリしますと、「今、私は何をすべきか」「今の私に何が足りないか」が見えてきます。

決まらない決められないではなく、期限を決めて目標を見つける

まず、決めてしまう

合格発表を見る女子2名

春に行きたい学校、つまり志望校を最初に決めてしまうということが重要なポイントなのです。無謀なだけの選択はすべきではありませんが、現時点の成績だけで学校選びを限定しなくてもいいのです。

「この学校に行きたいから私はもっと勉強しよう!」と思える学校を選んでみてはいかがでしょうか。行きたい学校を探していくうちに、ぼんやりとしか見えていなかった受験との向き合い方もだんだん見えてきます。
志望理由が「偏差値的にここらへんだと思ったんで」というものだけだとしたら、勉強のモチベーションを保てるでしょうか。

受験するのは親ではなく子どもです

親が「あなたにはこの学校がいいわね」と決めた学校に行くために、「がんばろう!」という気が起きるでしょうか。
受験に関する事柄、特に志望校選びに、子ではなく親のほうが熱心なご家庭もあるでしょう。
受験が近づくにつれ、子ではなく親のほうがどんどん熱くなっていくということもあるかもしれません。
受験に対して、親の熱さはないよりもあったほうがいいはずですが、受験なさるのは親ではなくお子様です。

選んだ理由と向き合う

「何に魅力を感じて選んだのか」という理由を、お子様が納得できているかどうか認識する必要があるのです。
何となくの気持ちで志望校を決めたつもりでいますと、志望校を選び直さなければいけなくなることも出てきます。
選んだつもりでいたけれど、受験学年の秋頃学校見学に行ってみたら微妙だった、ということがあり得るからです。

情報を鵜呑みにしない

インターネットで調べるお母さん

ネットや本を見て漠然と決めるのではなく、実際学校に足を運び、雰囲気や空気、特長を感じとることが必要です。

受験学年になる前から、知人や友人が行動する前から、気になる学校を見て回ることも欠かせないでしょう。
行動を起こさず、アタマの中だけで志望校のことをあれこれ考えてみても、なかなか前進しません。
アタマだけではなく五感をフル活用して学校選びをしますと、悩む暇もなく前進していくことを感じていただけます。

 

⇒入間市の学習塾【個別指導HANA】のトップページに戻る


ホーム コース・授業料金 保護者さまの声 Q&A 入塾キャンペーン お問い合わせ